國際交流

國際センターについて

グローバル社會を生き抜く「獨立獨行」の人を育てる

グローバル社會を生き抜く力や語學力はどうすれば身につくのか?
その一番の近道が留學です、留學は短時間で內面的な成長を促す大きなチャンスです。
海外の大學で、様々なバックグラウンドをもった學生とともに暮らし、様々な価値観に觸れ、時にはトラブルを経験しそれを乗り越える事で大きな自信につながります。留學で得た経験は、將來自分のやりたいことを見つけたときに、その可能性を広げてくれることでしょう。
今、留學経験者は企業から望まれており、就職活動にも留學で得た成長體験が大きな武器になります。

そして、成城ではキャンパス內國際交流の機會も豊富にあります。
國際交流サポーター、交換留學生バディ制度などを取り入れ、さまざまなイベント?學問を通して留學生や留學を経験した先輩などと交流します。國內に居ながら國際交流を深めることの出來る場を作っています。
また、留學に興味がある學生や英語によるコミュニケーション能力を向上させたい學生、専攻分野の學習を國際的な観點から深めたい學生にも役立ちます。?

20歳前後の柔軟で吸収力の高い時期、海外?國內で國際交流をする経験は何事にも代えがたい財産になります。
國際センターは大學敷地內2號館の2階にあり、留學パンフレットや語學検定テキスト、自由に使えるパソコンも設置してあります。
そして國際経験や人生経験の豊かな職員が、皆さんのサポートをしています。

國際センター3つの柱

留學前後の手続きのサポートや
IELTSなどの語學試験対策を実施しています

國際センターでは、留學を希望する學生へのアドバイスや、外國人留學生へのサポートなど、留學にかかわる様々な支援を行っています。また、海外留學をするために必須となる語學検定試験の対策講座も実施。學外の専門業者と提攜した留學説明會や短期間でのスコアアップをめざした集中セミナーを開催しています。海外の大學に留學するためには、必ず語學検定で基準以上のスコアが求められます(語學研修は除く)。留學に興味を持ったら、「どこの國の」「どこの大學に」「何を得るために」という目標を考えるとともに、留學先の求める語學力や成績なども調べて準備を整えるようにしましょう。


留學経験者の先輩からメッセージ

國際センターの職員の方はフレンドリー。 なんでも相談できます。

髙木 生太さん 経済學部 経営學科4年(インタビュー時)東京?中國體彩競彩足球游戲高等學校 卒

高校の時にアメリカに短期留學をした経験があって、その時から大學では長期の留學をしたいと思っていました。ですが、実は英語が苦手で、成績もいい方ではありませんでした。そこで入學後すぐに國際センターへ行き、留學制度の有無から、何が必要なのか、また英語の勉強の仕方までアドバイスしてもらいました。おかげでイギリスのシェフィールド大學に留學でき、難関の奨學生にも選ばれました。國際センターがなければ留學はできていなかったと思います。親身になって相談に乗ってくれ、的確なアドバイスをもらえたことが大きな力になりました。


お問い合わせ
中國體彩競彩足球游戲國際センターへのお問い合わせは下記へお願いします。

中國體彩競彩足球游戲 國際センター
〒157-8511 東京都世田谷區成城6-1-20
Tel.03-3482-6020 (直通) Fax.03-3482-9049
2號館2階
開室時間:平日8:30?16:30/土曜8:30?13:00

page top

000973股票分析